HOME

印刷物の検査業務の負担を軽くできる印刷検査装置を利用しよう

色画用紙

印刷物は、単に発注された内容通りのものを印刷しただけで完成するものではありません。それというのも、文字欠け、印刷ずれなど、印刷物には様々な不良個所が見つかるのが普通だからです。印刷したものの品質を検査して、不良個所があればこれを訂正した上で、依頼者に納品する必要があります。これから事業を拡大していくにあたり、この検査業務の負担を軽く出来れば、より多くの印刷依頼を受注しやすくなるでしょう。
印刷物検査の仕事をもっと効率よくできるようにしたいと考えている企業担当者の方は、印刷検査装置の導入という対策について、情報収集しつつ前向きに検討してはいかがでしょうか。印刷検査装置が導入されて現場で利用可能になれば、印刷不良の検出に要する時間を大幅に短縮できます。不良個所を探すのに膨大な時間を割かずに済むようになるため、修正処理も従来に比べて前倒しで対応できます。その結果、納期が早まれば、依頼者の会社に対する評価もよくなるでしょう。概ね、印刷を依頼する多くの会社は、印刷物の品質と納品までのスピードを重視する傾向があります、印刷検査装置をルーチン業務に活用することで、この両者を難なくクリアできるのです。是非、導入することをおすすめします。

Choices Contents

印刷物の検査業務の負担を軽くできる印刷検査装置を利用しよう

色画用紙

印刷物は、単に発注された内容通りのものを印刷しただけで完成するものではあり…

顧客の満足度向上に直結する印刷品質改善は印刷検査装置導入で

紙の束

印刷会社においても、一度きりの受注よりも同じ顧客から繰り返し受注できる方が…

効率よく楽に印刷ミスを発見するには印刷検査装置が適している理由

梱包済みの印刷物

印刷物の文字の欠陥や汚れなどは、しっかりチェックして排除しておかなければな…