HOME

早く確実に印刷不良を見つけられるのが印刷検査装置の強み

インク

印刷会社の経営を成功させるためには、高品質の印刷物をできるだけスピーディに仕上げられるようになる必要があります。そのために具体的にどんなやり方が可能か検討している企業担当者の方は、例えば、よりハイスペックの印刷機の導入やオペレーターのスキル向上といった様々な対策について考えているでしょう。もう一つ、印刷検査装置の導入という対策についても、是非、その一環として考えてみてはどうでしょう。印刷業務全体の効率アップのためには、品質管理プロセスの効率化が欠かせません。印刷物の品質を検査する仕事は、色ムラ、文字欠け、ずれなど、とても細かい部分のチェックを行うため、スピードアップが難しいのが現状です。少ない人数で大量の印刷物の品質検査を急いでやろうとすれば、チェック漏れが増えるリスクがあります。そこで、印刷検査装置を使うことにすれば、必要な内容のチェックを自動化して処理スピードの向上を実現できます。更に、従来は検出困難だった小さな印刷不良個所、分かりにくい印刷ミス、エラーも高精度で見つけられるという強みもあります。今後、より多くの印刷業務を受注して事業の拡大を目指すなら、それに先立って、印刷検査装置を導入して品質管理業務の効率化を実現しましょう。

高品質の印刷物を仕上げる強力なサポートツールの印刷検査装置

リーフレットなどの印刷を専門に引き受けて収益をあげている会社では、継続的に印刷の発注を受けるために印刷品質の向上に努める必要があります。しかし、印刷物の品質管理は、非常に細かい点を丁寧にチェックする必要があり、抜けもれなく印刷物の検査をするためには人手も時間も必要です。そんなゆとりがなく、もっと効率よく印刷物の品質チェックができるいい方法がないかと悩んでいる企業担当者は、印刷検査装置の導入という案についてじっくり検討してはどうでしょうか。
印刷検査装置は、印刷物の品質チェックを自動化し、スピーディかつ高い精度で印刷不良を発見できる装置です。印刷の途中で発生した汚れや、文字欠けなども、大きなものなら目視でも楽に発見できますが、小さな用紙に細かいフォントで印刷したもの、ちょっとした汚れやにじみなどは、チェックで検出できない恐れが多分にあります。印刷検査装置なら、このような不良個所も見逃さず、納品前に確実に修正できるため、より高品質の印刷物を仕上げられるでしょう。
最近は、様々な異なるスペックの印刷検査装置が開発されていますので、自社の現行プロセスや印刷内容、業務量などを考慮した上で、最適な製品を導入しましょう。

印刷検査装置ならアソートでのチェックも楽になる

大量印刷を行う企業担当者の方、時として印刷するものは連続して同じものではなく、複数パターンがセットとなることがありませんか?同じ印刷物を人の目でチェックすること自体が大変なものの、複数パターンの印刷物がアソート状態になると作業効率も良くありません。そこで印刷検査装置の導入を検討してみてください。
印刷検査装置は同じデザインの印刷物を高速かつ連続して検査できるだけでなく、登録できるデザインも複数パターンになります。そのため、連続して検査する印刷物の中にデザインの異なるものが含まれる場合でも、瞬時にチェックすることができます。人の目でチェックする際、デザインが変化するのは作業効率の低下だけでなく、不良を見逃すリスクも高めてしまいます。しかし、印刷検査装置ならそのようなことがありません。印刷検査装置の導入により人の苦手なことができるだけでなく、印刷機で既にアソート並び替えされた資料などのチェックも効率良く行うこともできます。例えば、1セットの資料を1ページから10ページまで個別にチェックするといった手間も無くなり、社内でのチェックにかかる無駄なコストも削減できます。さらに印刷検査装置ならチェックのためにアルバイトを採用するといったこともなく、人材確保ができないという問題も解決できます。

Choices Contents

印刷物の検査業務の負担を軽くできる印刷検査装置を利用しよう

色画用紙

印刷物は、単に発注された内容通りのものを印刷しただけで完成するものではあり…

顧客の満足度向上に直結する印刷品質改善は印刷検査装置導入で

紙の束

印刷会社においても、一度きりの受注よりも同じ顧客から繰り返し受注できる方が…

効率よく楽に印刷ミスを発見するには印刷検査装置が適している理由

梱包済みの印刷物

印刷物の文字の欠陥や汚れなどは、しっかりチェックして排除しておかなければな…